ソーシャルレンディングの注意点

資産運用のために投資を検討している人も多いと思いますが、最近インターネット上で話題になっている「ソーシャルレンディング」という方法をご存じでしょうか?
ソーシャルレンディングとは運営会社を通して資金調達を目的としている企業に対して投資を行うサービスのことで、まずは運営会社に投資を行い、その運営会社が企業に対して融資を行い、企業の返済金につく利息で利益を得るというスタイルです。

つまり貸し手→運営会社→借り手という流れでお金が渡っており、正確に言うと投資と言うよりは融資に近いスタイルなのですが、貸し手は借り手に投資をするのではなくまずは運営会社に投資をします。
と言うのも運営会社で口座を開設し、そこへ入金してからどこの企業へ融資するのかを決めるからです。
よくクラウドファンディングと比較されることもありますが、クラウドファンディングは基本的に100パーセント投資で、相手のサービスを購入するという形になることがほとんどですが、ソーシャルレンディングの場合は返済の利息によって利益を得られるので、言うならば融資型のクラウドファンディングとなります。

それではソーシャルレンディングをするときの注意点ですが、これはいくつかあって、まずはどこの運営会社を利用するのかが重要になります。
これは株取引の際に利用する信託銀行や証券取引所と同じ役割を担っていますから、信頼できるところでなければいけませんし、しっかりと話をして決めてください。
ホームページを持っているところがほとんどなので、そこから情報収集してみたり専門サイトをチェックして評判の良さそうなところをピックアップしてみましょう。

次に利回りのいいところを利用するほうが利益を出しやすいので、ここもしっかり注目しておかなければなりません。
リターンの確率は非常に高いですが、大きな金額を期待できるわけではないので、できるだけ利回りの大きいところを選ぶというのはソーシャルレンディングの基本と言えるでしょう。
さらに投資対象となる企業を分散するのも大切で、ひとつの企業にばかり投資していてもし失敗してしまった場合にはその資金が無駄になってしまいます。

あとは借り手の識別ができるところとできないところがあるので、そこも注意点のひとつとして認識しておいてください。
このようにソーシャルレンディングは気軽にはじめられ、リスクも少ないもののまだまだ新しいサービスですから、より信頼できるところを見つけるのがポイントです。